2020年度入試(2019年度実施)情報のため、参考としてご覧ください。

学納金・その他徴収金

農食環境学群 循環農学類・食と健康学類・環境共生学類

学納金

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
入学金 200,000 0 0 0 0 0 0 0
授業料 445,000 445,000 445,000 445,000 445,000 445,000 445,000 445,000
実験実習料 50,000 50,000 50,000 50,000 50,000 50,000 50,000 50,000
施設設備費 125,000 125,000 125,000 125,000 125,000 125,000 125,000 125,000
820,000 620,000 620,000 620,000 620,000 620,000 620,000 620,000
(年 額 計) 1,440,000 1,240,000 1,240,000 1,240,000
その他の徴収金

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
学類オリエンテーション費 5,000 0 0 0 0 0 0 0
諸会費 医療互助会費 2,000 0 2,000 0 2,000 0 2,000 0
学生生活援護会費 7,000 0 7,000 0 7,000 0 7,000 0
同窓会費 30,000 0 0 0 0 0 0 0
44,000 0 9,000 0 9,000 0 9,000 7,000
学納金・その他の徴収金合計

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
合   計 864,000 620,000 629,000 620,000 629,000 620,000 629,000 627,000
(年 額 計) 1,484,000 1,249,000 1,249,000 1,256,000
学納金

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次 5年次 6年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
入学金 300,000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
授業料 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000 855,000
実験実習料 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000 70,000
施設設備費 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000 170,000
1,395,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000 1,095,000
(年 額 計) 2,490,000 2,190,000 2,190,000 2,190,000 2,190,000 2,190,000
その他の徴収金

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次 5年次 6年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
学類オリエンテーション費 5,000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
諸会費 医療互助会費 2,000 0 2,000 0 2,000 0 2,000 0 2,000 0 2,000 0
学生生活援護会費 7,000 0 7,000 0 7,000 0 7,000 0 7,000 0 7,000 7,000
同窓会費 60,000 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
74,000 0 9,000 0 9,000 0 9,000 0 9,000 0 9,000 7,000
学納金・その他の徴収金合計

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次 5年次 6年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
合   計 1,469,000 1,095,000 1,104,000 1,095,000 1,104,000 1,095,000 1,104,000 1,095,000 1,104,000 1,095,000 1,104,000 1,102,000
(年 額 計) 2,564,000 2,199,000 2,199,000 2,199,000 2,199,000 2,206,000
学納金

(単位 円)

   
1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
入学金 200,000 0 0 0 0 0 0 0
授業料 460,000 460,000 460,000 460,000 460,000 460,000 460,000 460,000
実験実習料 65,000 65,000 65,000 65,000 65,000 65,000 65,000 65,000
施設設備費 135,000 135,000 135,000 135,000 135,000 135,000 135,000 135,000
860,000 660,000 660,000 660,000 660,000 660,000 660,000 660,000
(年 額 計) 1,520,000 1,320,000 1,320,000 1,320,000
その他の徴収金

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
学類オリエンテーション費 5,000 0 0 0 0 0 0 0
諸会費 医療互助会費 2,000 0 2,000 0 2,000 0 2,000 0
学生生活援護会費 7,000 0 7,000 0 7,000 0 7,000 7,000
同窓会費 30,000 0 0 0 0 0 0 0
44,000 0 9,000 0 9,000 0 9,000 7,000
学納金・その他の徴収金合計

(単位 円)

1年次 2年次 3年次 4年次
前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期 前学期 後学期
合   計 904,000 660,000 669,000 660,000 669,000 660,000 669,000 667,000
(年 額 計) 1,564,000 1,329,000 1,329,000 1,336,000
その他の徴収金について
学類オリエンテーション費(照会先:学務部学務課 011-388-4128)
  • 入学時に行われる各学類の新入生オリエンテーション実施に係る経費を、入学手続き時に徴収するものです。
諸会費
  • 大学は、次の各会から会費の代理徴収を受託しており、入学手続き時、学納金納付時に合わせて徴収するものです
    • 医療互助会費(照会先 教育センター学生支援課 011-388-4122): 学生の相互扶助精神に基づき、学生の疾病・負傷・死亡について医療給付等を行い、さらに健康保持、増進をはかることを目的とする医療互助会の会費を大学が代理徴収するものです
    • 学生生活援護会費(照会先 教育センター学生支援課 011-388-4122):学生生活に対する奨励・援助等を目的とする学生生活援護会の会費を大学が代理徴収するものです。
      主な事業は課外活動補助・学生教育研究災害傷害保険への加入・三愛金庫(貸付制度)等を行っています)
    • 同窓会費(照会先 酪農学園同窓会 011-386-1196): 同窓生間の交流と親睦を深めつつ、学園教育の発展に寄与することを目的とする同窓会の会費を大学が代理徴収するものです。

※ご不明な点については、それぞれの照会先に直接お問合せください。

改定される場合があります。正式な学納金・その他徴収金は合格通知送付の際にお知らせいたします。

奨学金制度

奨学金制度は、経済的に困窮している学生に対し、学資金を給付または貸与することにより、学業に専念できる時間をより多く確保し、安心して学生生活が送れるよう支援することを目的としています。 本学で取り扱っている主な奨学金制度と貸与金額は、次の通りです。

日本学生支援機構奨学金(貸与)

区分自宅通学自宅外通学
第一種奨学金
(無利子)
月額
20,000円/30,000円/40,000円/54,000円
月額
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/54,000円/64,000円
第二種奨学金
(有利子)
2万円から12万円までの1万円単位の金額から選択(獣医学類のみ14万円まで選択可能)
貸与期間採用年度から卒業までの最短修学期間
募集時期年1回(4月)
応募条件日本学生支援機構の定める「学力に関する基準」と「家計に関する基準」の両方を満たしていること。
新入生の場合「学力に関する基準」は
  • 第一種:全体の評定平均値3.5以上
  • 第二種:全体の平均水準以上
併用貸与

第一種奨学金を受けてもなお家計困難であり、併用貸与の基準に合致する場合は、願い出によって“第二種奨学金”を併せてうけることができます。

入学時特別増額貸与
  • 入学時特別増額貸与の対象は、4月を始期として第一種奨学金・第二種奨学 金の貸与を受ける者で、増額貸与を希望する場合です。
  • 申込みは、日本政策金融公庫の「国の教育ローン」の融資を所得が少ないた めに受けることができなかった世帯(当該融資に係る世帯収入の上限額を超 える者を除く)の子弟に限られます。
  • 貸与額は、10、20、30、40、50万円から選択します。
緊急採用・応急採用

家計を支えている者が、失職、破産、会社の倒産、病気、死亡等または火災、風水害等により家計が急変したため、緊急に奨学金の貸与の必要性が生じた場合には、緊急採用・応急採用があります(随時受付しています)。
※ 日本学生支援機構の奨学金には予約採用があります。予約採用については、在学している高校に申請してください(3年次に進級された時点ですぐに問い合わせることをお勧めします)。

給付奨学金年額360,000円
資格2年次以上に修学し
  1. 修学資金の支弁が極めて困難な者
  2. 修学の意志が固く、成業の見込みのある者
  3. 人物が良好で、心身共に健康な者
株式会社丹波屋
100周年記念奨学金
年額360,000円
資格
  1. 農食環境学群3年次在学生
  2. 北海道の農業関連産業に就職の意思を有する学生
  3. 前年度のGPAが2.35以上
  4. 家計基準を満たす学生
特別奨学金年額240,000円
資格 1年以上在学し
  1. 学業成績・人物共に優れた者
  2. 課外活動において優秀な成績を収め、学業と両立し人物ともに優れた者
免除額授業料の半額を免除
免除期間1年間
届出期間前期(4月30日)、後期(10月15日)まで
資格学費負担者が
  1. 死亡または生別した場合
  2. 失職した場合
  3. 病気または事故等で著しく収入が減少した場合
  4. 火災・風水害等の災害を受けた場合

入試特待制度について

本学では受験生の方を支援させていただくために、次の3つの入試特待制度を設けております。

1. 推薦入学試験特待生

本学を第一志望としながらも経済的理由から修学が困難であり、かつ入学試験の成績が優秀な学生について、入学年次の「前学期授業料(授業料以外の学納金および諸会費は納付が必要になります。)」を免除する制度です。

  • 推薦入学試験(一般推薦・産業振興特別推薦(専門学科高等学校対象の「A推薦」)・指定校推薦(内部進学含む)・アグリマイスター推薦・自 己推薦・生産動物医療推薦・生産動物医療部門推薦・環境共生貢献推薦・農業高校および農業大学校推薦・学士・特別推薦)を受験される方 が対象で、人数は入学定員の3%程度です。
  • 特待生を希望される方は、出願時に所定の用紙で申込みをしていただく必要があります。
  • 選抜は、提出書類(家計調査書)および入学試験成績に基づいて総合的に行います。

本学の建学の理念に基づき、農業後継者・地域産業振興後継者の予定者および産業振興特別推薦入試「B推薦」・指 定校推薦入試・自己推薦入試・動物病院後継者育成推薦入試における後継予定者で、 本学を第一志望としながらも経済的理由から修学が困難であり、かつ入学試験の成績が優秀な 学生について、入学年次の「前学期授業料(授業料以外の学納金および諸会費は納付が必要になります。)」を免除する制度です。

  • 産業振興特別推薦入試の後継者対象「B推薦」・指定校推薦入試(内部進学含む)・自己推薦入試・動物病院後 継者育成推薦入試における後継予定者で受験される方が対象で、人数は入学定員の3%程度です。
  • 特待生を希望される方は、出願時に所定の用紙で申込みをしていただく必要があります。
  • 選抜は、提出書類(家計調査書)および入学試験成績に基づいて総合的に行います。

第1期学力入学試験(A日程・B日程)、第2期学力入学試験、センター試験併用型入学試験、センター試験利用入 学試験(前期・後期)で受験されている方が対象です。 下記要件の該当者は、入学年次の「前学期授業料(授業料以外の学納金および諸会費は納付が必要になります。)」を免除する制度 です。

  • 各学類合格者の上位10%以内の者とする。ただし、獣医学群獣医学類以外は、素点合計70%以上の得点者。

上記、1 〜 3までの特待生に選抜された方には、合格通知書とともに「特待生通知書」を同封します。
入試制度に係る特待生制度については変更となる場合があります。大学ホームページ、9月下旬完成予定の入試要項を必ずご確認ください。

減免制度

兄弟姉妹等同時修学授業料減免について

酪農学園大学に複数の学生(兄弟姉妹、夫婦、親子)が同時に修学する家庭(授業料の負担者を同一とする)の2人 目以降の下級年次学生(同一学年の場合は、戸籍上の下位者または入学年次が後の学生)に対し、後学期授業料 から2分の1相当額を減免します。ただし、大学院と大学の同時修学は対象になりません(大学院は対象外です)。

同窓生子弟入学金減免について

同窓生の子(一親等)が入学する場合、入学金から10万円を入学後に還付します(7月頃予定)。ただし、他の入 学金減免制度との重複適用はできません。

※同窓生とは酪農学園が設置している(いた)学校(酪農学園大学、酪農学園大学大学院、酪農学園短期大学、北海道文理科短期大学、酪農 学園大学短期大学部、野幌機農高等学校、酪農学園機農高等学校、酪農学園大学附属高等学校、酪農学園女子高等学校、三愛女子高等学校、 酪農学園大学附属とわの森三愛高等学校)の卒業生または課程修了者(大学院)です。

日本農業技術検定特待生制度について

日本農業技術検定は、農業を学ぶ学生や農業を仕事にしたい人のための検定です。高校在学中に2級(学科・実技) 以上を取得した者については入学後、入学金を全額還付します(7月頃予定)。
※検定合格証書の写しを提出。

各種減免制度早見表
入学金前学期授業料後学期授業料
同窓生子弟入学金減免 ※父母が同窓生の受験者対象 10万円還付
推薦入学試験特待 ※推薦入学試験の受験者対象 全額免除
後継者特待 ※推薦入学試験の受験者対象 全額免除
成績優秀者特待 ※学力入学試験の受験者対象 全額免除
日本農業技術検定特待 ※高校在学中に2級以上を取得の受験生 全額還付
兄弟姉妹等同時修学授業料減免 ※本学に複数の学生が同時に修学する家庭対象 1/2減免

風水害等の災害を受けた世帯から、本学に2020年度入学を希望する受験生に対し、進学の機会を確 保することを目的とし、以下の特別措置を講じます。

1. 特別措置の対象者

入学前1年以内において、入学希望者の学資負担者が風水害等の災害を受け、その世帯が災害救助法適 用地域にある方。また、災害救助法の適用を受けない近隣の地域で、同等の災害にあった世帯の方。

2. 申請方法

  • 出願前に入試広報センターまでご連絡ください。(連絡先は巻末参照)
  • 志願書に「罹災証明書」を添付。

3. 特別措置の内容

  • 2020年度の入学検定料の全額、および入学手続き時の入学金の全額免除。
  • 他の本学の免除制度との重複適用を受けることができます。

4. 免除方法等

  • 検定料:証明書(罹災証明書)の確認後に、検定料を志願者の指定口座に還付します。
  • 入学金:検定料免除(還付)が認められた合格者の入学金は免除します。

三愛金庫による貸付金制度(無利子)

学生生活を送る中で、緊急帰省、その他不測の事態など、やむを得ない出費に備えた制度で、1人1回につき 20,000円以内を無利子で貸与します。返済期間は30日以内です。