動物にも人間にも
信頼される獣医師になる

本学の獣医学教育は、昭和39年に産業動物医療に従事する臨床獣医師の養成を目的に設置されて以来、獣医学はもとより酪農学や環境学を研究対象とする教員や広大なキャンパス内に飼育される産業動物を含めた教育資材を有効に利用し、先端的な産業動物関連の諸科学を学ぶことで酪農家を支援する実践的な獣医師の育成を図ってきました。

「動物たちの証言」~獣医学類

Point
学びのポイント!

Point01
6年一貫教育で、獣医師として将来活躍する分野を見据えた高度な専門性を養う

「動物のお医者さん」だけではなく、獣医師の仕事は多岐にわたり、グローバルに活躍できます。本学類では実践的な学びを通して多様なニーズに応えていきます。

6年一貫教育で、獣医師として将来活躍する分野を見据えた高度な専門性を養う

Point02
専門分野は、生体機能学、感染・病理学、衛生・環境学、生産動物医療学、伴侶動物医療学の5分野に区分

伴侶動物の病院をはじめ、人の健康を支える公衆衛生、動物を使った新薬の研究、家畜を守ることなど、さまざまな獣医師の役割を専門的に学ぶ5分野を設けています。

専門分野は、生体機能学、感染・病理学、衛生・環境学、生産動物医療学、伴侶動物医療学の5分野に区分

Point03
日本一の診療件数を誇り、最新の施設・設備を備えた附属動物医療センターで実践的な教育を実施

附属動物医療センターは日本一の診療件数を誇り、実際の症例を学ぶ機会が格段に多くあります。さらに学外の研究者を呼んで最先端の研究にふれたり、製薬会社などの企業と連携して現場を体験したり、将来の方向性に応じて高度な実験や実習に取り組める体制を整えています。

日本一の診療件数を誇り、最新の施設・設備を備えた附属動物医療センターで実践的な教育を実施

Point04
学生3人に担当教員1人がついて、しっかりと実践力を磨くアドバイザー制が整っている

学習の進み具合から専門への方向性まで、担当教員が学生一人ひとりに応じてアドバイスします。国家試験に合格して獣医師になるまで、細やかに指導していきます。

学生3人に担当教員1人がついて、しっかりと実践力を磨くアドバイザー制が整っている
1・2年次

Flow 学びの流れ

基盤教育

  • 酪農学園教育
  • 人文社会科学教育
  • 自然科学教育
  • 保健体育教育
  • 情報教育
  • 外国語教育
  • 導入教育
  • キャリア教育
1~5年次

専門基礎教育・専門教育

  • 全学共通専門基礎科目
  • 生体機能学分野
  • 感染・病理学分野
  • 衛生・環境学分野
  • 生産動物医療学分野
  • 伴侶動物医療学分野

専修教育

  • 専修教育共通科目
5・6年次

専修教育

  • 専修教育共通科目
  • 生体機能専修コース
  • 感染・病理学専修コース
  • 衛生・環境学専修コース
  • 生産動物医療専修コース
  • 伴侶動物医療専修コース

Voices
在学生の声

渡辺 麗奈さん Voices

獣医学類 獣医衛生学ユニット 5年 渡辺 麗奈さん

未解明の乳房炎原因菌を研究

私は獣医師になりたくて入学しました。
最初は”動物のお医者さん”が目標でしたが、生産動物実習で学生一人に牛一頭あてがわれるという恵まれた環境で学ぶうちに、「違う道もある」と確信。現在は病理の分野にも目を向けるようになりました。

在学生インタビュー

未解明の乳房炎原因菌を研究
森川 雄介さん Voices

獣医学類 生産動物内科学Ⅱユニット 5年 森川 雄介さん

実践的に考えさせられ、鍛えられる抜群の環境

私の祖父が和牛の生産者だったので、幼い時から牛が身近な存在でした。中学生の時には牛の難産を経験し、逆子の大変さを知りました。その時の獣医さんを見て、生産動物の獣医になりたいと思い、迷わず酪農学園大学へ。本学は牛を学ぶには、これ以上ない恵まれた環境です。

在学生インタビュー

実践的に考えさせられ、鍛えられる抜群の環境

Qualification
資格について

任用資格

特定の職業に任命されるための資格。
資格を取得後、その職務に就いて初めて効力を発揮する資格です。

  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • 飼料製造管理者
  • 環境衛生監視員
  • 家畜人工授精師
  • 狂犬病予防員
  • と畜検査員
  • 薬事監視員
受験資格

必要要件を満たせば受験する資格が得られます。

  • 獣医師国家試験
サポートする資格
  • 食品衛生責任者