世界の自然環境をどう守る?
その答えを北海道から探す

環境共生学類は、環境をめぐる諸問題を客観的に解析する知識や技術を修得し、解決に向けた総合的な判断力を培うことを目指します。
本学の理念である実習・実験・演習を多く取り入れた実学教育によって、自然と調和・共生する社会の形成に貢献できる人材を育成します。

「動物たちの証言」~環境共生学類

Point
学びのポイント!

Point01
地球環境、生態系の仕組みやつながりを科学的に解明し問題解決の方法を探る

環境とは人や生物を取り巻く総体で、守るのも壊すのも人の考え方次第です。
野生の動植物に対して好き嫌いだけではなく、一つの生命として向き合い、すべての自然のつながりを理解する学びを行います。

地球環境、生態系の仕組みやつながりを科学的に解明し問題解決の方法を探る

Point02
北海道から世界のフィールドで実学教育を実践

4年間を通してたくさんのフィールドワークの機会があり、複雑な生態系を肌で感じながら学ぶことができます。
学生の4人に1人が実習・調査・留学で、アジアやオセアニア、欧米、アフリカなどの海外経験をしていることも本学類の特徴です。

北海道から世界のフィールドで実学教育を実践

Point03
GIS(地理情報システム)、RS(リモートセンシング)を用いた情報解析を実践的に学ぶ

地域の諸問題の解決には人工衛星やドローンから得られる空からの目「RS」、さらに、その画像を他の情報と合わせて解析する「GIS」が不可欠です。
これらの技術を講義だけでなく実習等も通じて実践的に学びます。

GIS、RSを用いた情報解析を実践的に学ぶ

Point04
自然と人が調和・共生する社会の実現に貢献できる人材を育成

本学類には環境に関するさまざまな分野を専門とする教員が在籍しています。広大なフィールドで、自然と共生する社会に貢献するための活きた力が養われます。

自然と人が調和・共生する社会の実現に貢献できる人材を育成
1年次

Flow 学びの流れ

基盤教育

  • 酪農学園教育
  • 人文社会科学教育
  • 自然科学教育
  • 保健体育教育
  • 情報教育
  • 外国語教育
  • 導入教育
  • キャリア教育
2年次

基盤教育

  • キャリア教育

専門基礎教育

  • 基礎科学領域
  • 農業科学領域
  • 食品科学領域
  • 環境科学領域
  • 情報科学領域
  • 社会科学領域
  • 国際領域
  • 全学共通専門基礎領域
3・4年次

専門教育

  • 専門共通教育
  • 野生動物学コース専攻教育
  • 生命環境学コース専攻教育
  • 環境共生学類教育

Voices
在学生の声

篠原 優衣さん Voices

環境共生学類 環境リモートセンシング研究室 4年 篠原 優衣さん

モンゴル遊牧民の行動調査から新たな夢へ

季節ごとに生活の場を変えて暮らすモンゴルの遊牧民のことが知りたくて、彼らの行動調査を行いました。実際にモンゴルまで出向き、2017年8月には草原で暮らす遊牧民たちに、2018年2月には首都ウランバートルで暮らす元遊牧民たちにアンケートを実施。

在学生インタビュー

モンゴル遊牧民の行動調査から新たな夢へ
長根 由紀子さん Voices

環境共生学類 環境植物学研究室 4年 長根 由紀子さん

動物・植物、両方の研究の楽しさが味わえます

私はフィールドワークを通じて植物の研究をしています。3年生までは「野生動物生態研究会」というサークルで、植物の調査をしていました。野幌森林公園での植物の開花調査など、楽しい思い出です。現在所属している環境植物学研究室では論文を読むとともに、先輩・先生の調査に同行し、標茶町や苫前町などのフィールドワークに参加したことで、視野が広がりました。

在学生インタビュー

動物・植物、両方の研究の楽しさが味わえます

Qualification
資格について

取得可能資格

必要要件を満たせば卒業と同時に取得可能な資格です。

  • 中学校教諭1種(理科)
  • 高等学校教諭1種(理科)
  • 准学校心理士
受験資格

必要要件を満たせば受験する資格が得られます。

  • 鳥獣管理士(準1級、2級、3級)
    ※ 準1級は野生動物学コース卒業必須
  • シカ捕獲認証(レベル1)
サポートする資格
  • 気象予報士
  • 生物分類技能検定
  • 猟銃所持許可
  • 狩猟免許
  • ビオトープ管理士
  • 公害防止管理者
  • 環境測定分析士
  • 技術士補
  • 食品衛生責任者