動物たちとの幸せな
生き方の答えを探す

獣医保健看護学類では一貫教育において獣医学に関する基礎知識と動物看護学に関する専門知識を習得し、幅広い獣医保健看護領域の業務を担える人材を育成します。さらに、専攻分野において動物栄養学、動物行動学および動物理学療法学に関する高度な教育を行い、それぞれのスペシャリストを養成します。

「動物たちの証言」~獣医保健看護学類

Point
学びのポイント!

Point01
高度化する獣医療を支える動物看護師を育成

獣医師をサポートするとともに、飼い主様と獣医師との信頼関係を構築する重要な「架け橋」としての動物看護師を育成します。

高度化する獣医療を支える動物看護師を育成

Point02
獣医師とのチーム医療を支える生産動物看護師も育成・輩出

生産動物看護師へのニーズは高まりつつあり、希望者は学内やNOSAIの実習に参加することにより、実際の生産動物の医療について学ぶことができます。また、講義と実習の受講により家畜(牛)人工授精師資格試験を受けることが可能です。

獣医師とのチーム医療を支える生産動物看護師も育成・輩出

Point03
総勢50名を超える教員が指導!動物看護のスペシャリストを育成

獣医師とのチーム医療を支える生産動物看護師も育成・輩出本学類の教員を中心に獣医学類も含め総勢50名を超える教員が指導します。1・2年次は専門基礎教育を受け、3・4年次で動物看護に関する専門知識と技術を身につけます。獣医師、飼い主様、動物との信頼関係をしっかりと築き、チーム医療に貢献する動物看護スペシャリストの育成を目指しています。

総勢50名を超える教員が指導!動物看護のスペシャリストを育成

Point04
本学類で飼っている犬たちとともに、実践的な学びを行う

本学類では動物看護に関するすべての講義・実習に役立つよう、犬種・年齢が異なるさまざまな犬たちを飼っています。毎日の世話は学生が交代で行い、犬の生態の理解を深め、健康管理や病気の早期発見ができる知識が自然と身につきます。

本学類で飼っている犬たちとともに、実践的な学びを行う
1年次

Flow 学びの流れ

基盤教育

  • 酪農学園教育
  • 情報教育
  • 人文社会科学教育
  • 外国語教育
  • 自然科学教育
  • 導入教育
  • 保健体育教育
  • キャリア教育専門

専門教育

2年次

専門基礎科目

  • キャリア教育

専門基礎教育

  • 学類専門基礎科目
  • 全学共通専門基礎科目
3・4年次

専門教育

  • 専門教育科目
  • 学類独自科目

Voices
在学生の声

櫻間麻友さん Voices

獣医保健看護学類2年 4年 櫻間 麻友さん

動物たちと過ごす時間すべてが勉強の機会

私は動物が大好きで、中学生の時に酪農学園大学の存在を知り、動物のことを学びたいと入学しました。大学では毎日のように犬の世話をしています。勉強で一番好きなのは、動物行動学。先生は何でも質問に答えてくれます。

在学生インタビュー

動物たちと過ごす時間すべてが勉強の機会
矢部 真彩さん Voices

獣医学群 獣医保健看護学類 4年 動物理学療法研究室 矢部 真彩さん

動物リハビリの資格を目指して

私は高校時代、愛犬がヘルニアになって歩けなくなった時に、動物リハビリの存在を知ったことがきっかけで、本学に入学しました。1年生の時には実習で牛など大型動物と触れ合い、循環農法を体験できたのは、他大学にはない経験だと思います。

在学生インタビュー

動物リハビリの資格を目指して

Qualification
資格について

取得可能資格

必要条件をみたせば卒業と同時に取得可能な資格です。

  • 家畜(牛)人工授精師
受験資格

必要用件をみたせば受験する資格が得られます。

  • 認定動物看護師
  • ペット栄養管理士
サポートする資格
  • 食品衛生責任者