2021年度入学試験(2020年度実施)の対応について【2020年7月22日現在】

掲載日:2020.07.22

本学では、新型コロナウイルス感染症(COVID 19 )の影響に伴い、入学志願者の受験機会や公平性を確保するため、既に公表している「 2021 年度入学試験( 2020 年度実施)」について 、再度検討を行ってまいりました。
この度、実施方法を一部変更することといたしましたので、お知らせいたします。

【概要】
1. 学力入学試験の実施教科・科目(出題範囲等)について
既に公表している内容に変更はありません。
本学独自試験の問題において、高等学校の教科書で「発展的な学習内容」として記載されている内容から出題する場合は、設問中に補足事項等を記載します。

2.第2期学力入学試験・大学入学共通テスト併用型入学試験(獣医学類)の時間割について
《変更前》試験時間:10時00分~11時00分
《変更後》試験時間:14時00分~15時00分
※大学入学共通テストにおける特例追試験への対応による時間割の変更となりますので、第2期学力入学試験(獣医学類以外)との併願はできません。

3.大学入学共通テストにおける特例追試験への対応について
大学入学共通テストを利用する入学試験において、「特例追試験」受験者は試験区分等に応じて、追加合格者としての選抜実施、第2期試験への振替(追加の検定料を納入することなく別試験を受験すること)、検定料の返還を行います。

4.新型コロナウィルス感染症等に罹患等した入学志願者への対応について
新型コロナウィルス感染症等に罹患等したことにより受験できなかった場合は、本学が定める手続き(申請)により、当該入学試験のために納付した検定料を返還、または、第2期試験へ振替(追加の検定料を納入することなく別試験を受験すること)ができます。

5.調査書について
今年度より新しい様式(新様式)が示されたことを受け、原則として新様式での提出としますが、各高等学校の事情にも配慮し、現役生・過年度生ともに、従前の様式(旧様式)による提出を認めます。また、新型コロナウイルス感染症(COVID 19) の感染拡大に伴い、入学志願者が長期に渡り様々な活動を制限され、現在も大きな影響を受けていることを踏まえ、既に公表している調査書の評価方法を変更します。
《推薦入試》
高等学校在学中の活動評価期間を第1学年~第2学年とします。また、選抜項目の配点基準において、調査書の比率を低くし、面接の比率を高くします。
《学力入試》
調査書を活用した主体性等評価を見送ることとし、選抜項目から調査書点を除きます。
(調査書は、入学後の学生指導等の参考資料として活用します。)

6.指定校推薦入学試験(獣医学類を除く)について
農食環境学群および獣医保健看護学類の指定校推薦入学試験については、選抜項目の面接を課題提出に変更します。課題の提出方法については、決定次第、指定校に直接通知します。

以上が、変更内容の概要となっています。

詳細につきましては、必ず下記PDF「2021年度入学試験(2020年度実施)の対応について」をご確認ください。