病院勤務の管理栄養士になるのが夢

山下 千遥さん

農食環境学群 食と健康学類 3年
栄養教育学研究室

山下 千遥さん

中学のときから続けてきたソフトテニスの経験を生かして、将来はスポーツに関わる仕事に就きたいと考えていました。そんな中、通っていた高校に大手食品メーカーで管理栄養士として働いている先輩が来校。「食」からもスポーツと関わることができることを聞き、管理栄養士を目指して酪農学園大学に入学しました。

「食」は身近なものですが、学問として向き合うと医学の知識も必要だったり初めて聞くことばかりで、難しいという印象でした。それでも、先生方の分かりやすい指導
のおかげで、一つひとつ意味を理解していき、次第にそれらがつながっていく面白さに変わっていきました。そしてもう一つ分かったのは、管理栄養士は献立を考えるだけ
でなく、「人と関わる仕事」でもあること。患者さんから話を引き出し、食事や運動の相談も受けます。そこで欠かせない対話のトレーニングも兼ねて、2年からはグループ
ワーク、3年からはカウンセリングの実習が増えていきます。また、企業の方と関わる機会もあり、私は出前寿司店の札幌海鮮丸さんと共同で、スマートミール(健康な食事・食環境認証制度)弁当の開発に携わりました。この経験で仕事をする上で必要なコミュニケーションや、その難しさについても学べました。

これらの体験を経て、私は人と関わることが好きだと気づき、将来は病院で患者さんの食事相談を行う管理栄養士になるという明確な目標ができました。患者さんの健康状態に直接関わる責任の重い仕事ですが、それもまた大きなやりがいにつながると思っています。