学べる学群・学類学べる学群・学類

酪農学園の研究室大公開

食品栄養化学研究室
小野寺秀一 教授 / 上野敬司 准教授

食資源を有効活用し、
新しい機能性食品素材を開発する

食品の原材料及び製品を対象に、主として機能性をもつオリゴ糖類及びペプチドとそれらの合成・分解に関わる酵素タンパクに関し、生物化学及び遺伝子工学的手法で研究しています。また、糖質代謝や脂質代謝などに影響を及ぼす各種糖質及びペプチドの栄養学的特異性について、培養細胞及びラットを用いて研究しています。

学びのキーワード

オリゴ糖 3次機能 生活習慣病 腸内細菌 アスパラガス 動物実験
乳製品製造学研究室
竹田保之 教授 / 栃原孝志 講師

発酵乳製品の微生物叢および
乳酸菌の機能解析と利用に関する研究

発酵乳製品における乳酸菌の動態や性質を生化学的、微生物学的、分子生物学的な手法を通して解析し、発酵乳製品の特性と乳酸菌の関係を詳しく調べることで発酵乳製品のさらなる価値の向上を目指すとともに、この過程で得られる珍しい機能を持った乳酸菌の有効利用方法を検討し、いろいろな食品への応用も目指しています。

学びのキーワード

牛乳 乳製品 チーズ ヨーグルト 食品開発 乳酸菌
食品企画開発論研究室
阿部 茂 教授

食品業界の市場分析を行い、
企業や地域と連携し商品開発を行う

新たな食品を開発する上で重要になる企画開発方法や関連する食品加工技術の基礎を学びます。食品業界の市場分析など社会科学的視点からの調査研究を行いつつ、地域性のある食材を題材にした食品開発に取り組み、企業や地域と連携しながら製品化を目指すことで、社会人として即戦力の人材育成を図ります。

学びのキーワード

地産地消 食品開発 食品製造 食品加工 マーケティング 過熱水蒸気
物流科学研究室
尾碕 亨 教授

次世代の輸送包装容器やRFID(ICタグ)を利用した
フューチャーレジシステムなどに関する研究

生産者と消費者にとって物流とは何かを解明します。巨大化する食料品を取りまく物流の活動形態や内容など、実質的掌握者の実態を調査・分析し、今日発生している物流問題の本質を把握します。さらに、より豊かな国民生活を実現するための物流のあり方を探求します。

学びのキーワード

流通 コスト リユース容器 計量販売 省資源 循環
食品流通技術研究室
樋元淳一 教授

農産物や食品の品質を保つための、
選別、貯蔵、包装、輸送の技術開発

農産物が生産されてから、食品として消費者の元に届くまでには、選別、貯蔵、包装、輸送など様々なプロセスを経ています。それぞれのプロセスは、食品の美味しさや安全性といった品質をいかに維持するかが重要な問題となります。食品の流通過程における品質保全の観点から技術開発を進めます。

学びのキーワード

食品包装資材 青果物 品質 貯蔵 輸送
食品物性学研究室
金田 勇 教授

ソフトマターとしての食品の物理学

物質の流動や変形を研究する学問をレオロジーといいます。食べ物のおいしさを考えてみると、塩味や甘みなどの化学的な味のみならず、口当たり、歯ごたえといった物理的な味も重要です。当研究室では食べ物のおいしさを物理学的な観点から考え、様々な食品の物理的な味をレオロジーの手法を駆使して研究しています。

学びのキーワード

食感 分子美食学 食品レオロジー ゲル 多糖類 乳化
肉製品製造学研究室
舩津保浩 教授

食肉製品および魚肉練製品の製造原理と
品質改良に関する研究

ハム・ソーセージ等の食肉製品や蒲鉾・竹輪等の魚肉練製品の製造実験・実習および製品の製造原理に関する研究を行っています。また、ドライビーフや発酵サラミのような食肉製品の品質改良に関する研究や野生動物や畜産副生物の有効活用を目指した肉醤の開発等幅広く食品学的アプローチから研究しています。

学びのキーワード

食肉 食肉製品 ソーセージ ハム ベーコン 肉醤(ししびしお)
食品生産システム研究室
本田康夫 教授

生産管理の基礎を学び、
食品産業での生産性向上を考える

食品産業では消費者に対し「食の安全」を保証するため衛生管理に重点を置く必要があります。しかし食品産業の発展を図るためには収益性についても考えていく必要があります。そこで食品産業での衛生管理、生産管理の基本を習得し、「食の安全」を保証し、そして収益性も確保する仕組みを研究します。

学びのキーワード

食の安全・安心 食品製造 食品加工 品質管理 生産管理 企業経営
応用微生物学研究室
山口昭弘 教授 / 村松 圭 准教授

有用な微生物の検索および
その酵素化学的メカニズムの解明

発酵食品は食材由来や加工段階で加える様々な微生物が、それぞれのタイミングで独自に働くことにより完成する芸術作品とも言われます。本研究室では、野生酵母分離株を用いた酒類の試験醸造に関する基礎研究、ならびに乳酸菌や糸状菌などの有用菌による道産食材の付加価値向上を目指した基礎研究などを行っています。

学びのキーワード

微生物 発酵食品 ワイン 醸造 ビフィズス菌 キノコ
流通学研究室
柳 京熙 准教授

国際経済下における
農業・加工・食品需給に関する研究

輸入自由化に伴う農産物・加工・食品の需給状況について研究を進めていますが、その前提として経済一般または世界経済の状況について重点的基礎研究を行っています。さらに農産加工に大きな力を持つ農協について研究を進めており、現在北東アジアにおける農協の比較研究を同時に進めています。

学びのキーワード

食品流通 食品加工 農産物需給 FTA・TPP 農協 農産物市場
応用生化学研究室
岩﨑智仁 准教授 / 長谷川靖洋 助教

骨格筋と食肉の生化学ならびに
細胞組織学的研究

ヒトでは骨格筋量の維持が健康につながります。畜産動物の骨格筋はおいしい食肉になります。当研究室では、マウスや畜産動物の骨格筋を対象に骨格筋量の維持や食肉生産に関わる研究を生化学及び顕微組織学的手法で行っています。近年では酸化ストレスが関わる筋損傷機構と鶏の異常硬化肉に関する研究を精力的に展開しています。

学びのキーワード

骨格筋 酸化ストレス 筋損傷と再生 食肉生産 食肉生化学 各種顕微鏡技法
数学研究室
上野岳史 准教授

自然演繹における部分構造論理の
正規化可能条件についての研究

従来の論理学ではうまく記述することのできない状況が、科学の様々な領域で生じています。そのような分野の論理構造の解明に重要な役割を果たしているものに部分構造論理があります。当研究室では、この部分構造論理の成果をもとにして、食品科学を含めた様々な科学の場における論理構造解明の研究を行っています。

学びのキーワード

数学 科学 論理的思考
科学英語研究室
白石治恵 准教授

文学・文化からTOEICまであらゆる英語に対応

英文学を中心に、英語圏の文学・文化を研究しています。特に18~19世紀ヨーロッパにおける食文化に焦点を当てています。また学生の必要に応じて会話や資格試験等の指導もします。国際化と情報化の進む中、翻訳されるのを待っていて後れをとるのではなく、原書から情報と心理を読み取る力を養成します。

学びのキーワード

英米文学 英語資格 食文化 欧米文化 英会話
教育発達心理学研究室
須賀朋子 准教授

学校現場で必要な教育心理学、
特別支援教育を追及する。

教職において、教育相談、教育心理学、特別支援教育、愛着の理論を学んでおくとことは大切なことです。本研究では、最近問題となっているデートDV、暴力、虐待、いじめ、不登校についての研究を行います。また、特別支援教育(特に発達・知的障害)について取りあげ、発達検査の方法を学びながら卒業論文を書いていきます。
※教職コース専属の研究室です

学びのキーワード

特別支援教育 教育心理学 DV 不登校 教育問題
食品産業経済学研究室
深澤史樹 准教授

食品産業と地域経済(農業や観光等)や
健康との関係性について

私たちは毎日、「食」を消費しています。近年、食習慣と健康との関わりが注目され、健康格差が問題視されています。皆さんの健康を支えている食品産業は、他にも地域経済(農業や観光産業等)とも深く関係しています。当研究室では、ゼミ学生自身が見つけた問題意識に立って、フィールドワーク中心に調査・分析しています。

学びのキーワード

健康格差 食と観光 食品ロス フードバンク 地域経済 産業クラスター
流通情報システム研究室
三谷光照 准教授

流通業における情報システムの進化を支える
情報技術(IT)に関する研究

コンピュータとその利用技術は現代社会では欠かせないものとなっています。当研究室では、流通システム分野のコンピュータ利用技術や様々な分野の新しい情報システム、利用する人間にやさしいコンピュータシステムについて探求しています。

学びのキーワード

流通ビジネス IT 情報 トレーサビリティ 工学 流通情報
マーケティング研究室
長村知幸 講師

消費者の心をつかむ
製品・サービスを考える

マーケティングとは、製品やサービスの価値を創り出し、消費者にそれを伝え、届けるための企業活動を指します。皆さんも広告を見たり、店頭で買い物をしたりする際に、企業のマーケティング活動に触れる機会があるかと思います。当研究室では様々な企業を対象に、新鮮で面白いマーケティング研究を追求していきます。

学びのキーワード

マーケティング 企業経営 消費者行動 地域ブランド イノベーション

管理栄養士コース研究室紹介

臨床栄養管理学研究室
石井智美 教授

21世紀の食へ貢献する
管理栄養士を目指して

「食べること」は人を幸せにします。食に密接に関わる研究室として、食と健康をキーワードに、ライフステージ栄養に適したレシピ開発、和食の効能、伝統食品の機能性の検討、発酵食品の製造、世界の食文化の研究、南米での食と健康の調査など様々な研究をしています。食を介しての笑顔、一緒に広げましょう。

学びのキーワード

栄養 食文化 和食 ワイン 伝統食品 スイーツ
食品加工学研究室
竹田保之 教授

乳たんぱく質のアレルゲン性の解析と
その効果的な低下方法の検討

加工技術の進歩と社会や個人のニーズの変化に伴い様々な加工食品が製造されています。当研究室は、食品素材が有する基本的性状を理解し栄養性、嗜好性ならびに機能性に及ぼす加工工程の影響やアレルゲンタンパク質の特徴とアレルゲン性低下方法等について、牛乳・乳製品を主な素材として研究しています。

学びのキーワード

管理栄養士 食品加工 乳製品 食品機能 食品分析 アレルギー
食品学研究室
舩津保浩 教授

食品ロスのリサイクル技術と
道産食材を活用した低GI食品の開発

食品ロスの削減を目的として蒲鉾製造ロス等から麹や乳酸菌を活用した発酵技術によりリサイクル調味料等を開発し、その特性分析と再利用技術について研究しています。また、生活習慣病予防の目的から道産食材を利用した血糖値が上昇しにくい食品(低GI食品)を開発し、栄養成分分析、官能評価およびGI値の測定を行っています。

学びのキーワード

血糖値 生活習慣病 食品加工 官能評価 魚醤 ヒスタミン
栄養学研究室
松野一彦 教授

血栓止血学の側面から栄養を考える

血小板は出血時の止血に重要な働きを果たすとともに動脈硬化の進展や血栓症の発症にも関与しています。LDLが活性酸素などで酸化された酸化LDLは血小板を活性化させますが、LDLの酸化を抑制する多くの抗酸化物が知られており、食の改善によって血小板の活性化を抑制し、動脈硬化を抑え、血栓症を防ぐ道を探ります。

学びのキーワード

管理栄養士 臨床栄養 生活習慣病 血小板 血栓症
公衆栄養学研究室
安川澄子 教授

妊娠期から子育て期における
母親の食知識・食行動と生活習慣

個人または集団の健康維持・増進と疾病予防のために必要な活動を企画、実施、評価して、健康・栄養の問題点の改善を行っています。特に、次世代の子どもたちの健康を守るための「食育」、「食の安全・安心」、「日本の食文化の継承」を目指した研究を行っています。

学びのキーワード

食育 食習慣 食文化 食の安全・安心 健康増進 生活習慣病
食品衛生学研究室
山口昭弘 教授

食材の機能性や共生菌に注目した
食の安全と健康を科学する研究

食中毒や悪質な食品偽装などの重大な事件が頻発する今日、食の安全を科学の眼で守る食品衛生学の重要性は益々大きなものとなっています。本研究室では、食品素材そのものの機能性成分あるいは共生菌が持つ、病原性微生物に対する抗菌作用から生体防御系活性化作用まで、食物と健康に係る幅広い分野を研究対象としています。

学びのキーワード

食品機能 食の安全・安心 食品分析 微生物 品質管理 健康増進
栄養指導論研究室
杉村留美子 准教授

行動科学理論に基づく栄養教育
食行動変容の促しに関する研究

楽しみとしての食事から疾病の予防・治療のための食事まで、人が食事に求める意味は様々であります。本研究室では、対象者が食習慣を自ら変容するために管理栄養士としてどのように関わることができるのか、行動科学理論と関連して考えます。食行動に及ぼす多様な要因を考慮し、食事制限を伴う難しさと合わせて検討します。

学びのキーワード

管理栄養士 栄養教育 行動科学 食習慣 食行動 健康の維持・増進
食・健康スポーツ科学研究室
山口太一 准教授

食、健康、運動、スポーツに関わる問題や疑問を
科学的に明らかにする

当研究室では、スポーツ、運動、食、健康などをキーワードに調査ならびに実験を行い、多くのスポーツ選手のパフォーマンスの向上やけがの予防をサポートするようなスポーツ科学的な研究ならびに生活習慣病などの健康上の問題点を解消するための健康科学的な研究に取り組んでいます。

学びのキーワード

スポーツ 運動 トレーニング 健康 スポーツ栄養 ストレッチング
給食経営管理学研究室
小林 道 講師

食事を科学的に評価して、
人々の健康を考える

研究テーマは「どのような食習慣が健康に良いのか明らかにする」ことです。例えば、和食は健康に良いと言われていますが、科学的に明らかにされていることは多くありません。当研究室では、様々な年齢層の人々を対象に食事調査を行い、食習慣が健康に与える影響を検討します。

学びのキーワード

管理栄養士 給食 栄養 食習慣 日本食と健康 食事調査
トップへ戻る
無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。