動物たちと過ごす時間すべてが勉強の機会

櫻間 麻友さん

獣医学群 獣医保健看護学類 2年

櫻間 麻友さん

私は動物が大好きで、中学生の時に酪農学園大学の存在を知り、動物のことを学びたいと入学しました。大学では毎日のように犬の世話をしています。勉強で一番好きなのは、動物行動学。先生は何でも質問に答えてくれます。たとえば何か犬の問題行動があれば、1つだけではなく複数あるかもしれない。あるいは、人間の関わり方に問題があるのかもしれない、などさまざまな視点で考えられるようになりました。実際に犬と過ごす時間が長いので、たとえば兄弟犬を比較して行動を見るなど、丁寧に観察できるようにもなりました。抗生物質やフィラリアの薬の薬理など、難しいことも分かってくると楽しいと感じます。また獣医学類の先生の指導の下、犬の解剖に参加したことも貴重な
経験でした。

サークルでは「野生動物生態研究会」と動物ボランティアの「幸せなしっぽ」に所属しています。みんな動物好きなので、いつまでも話しができます(笑)。友だちから教えてもらうことも多いですね。私は2年生になってから、搾乳のアルバイトや馬の世話のボランティアなど、自主的に色々なことに取り組むようになりました。本学では他ではないようなことができます。自分で動けば、動物に関わるチャンスはいくらでもあります。これから入学する方には、1年生の時からなんでもチャレンジすることをお薦めします。

私は動物の行動や生態そのものに興味があるので、将来は動物園の飼育員やドッグトレーナーなどの仕事ができればと考えています。