動物・植物、両方の研究の楽しさが味わえます

長根 由紀子さん

農食環境学群 環境共生学類 4年
環境植物学研究室

長根 由紀子さん

私はフィールドワークを通じて植物の研究をしています。3年生までは「野生動物生態研究会」というサークルで、植物の調査をしていました。野幌森林公園での植物の開花調査など、楽しい思い出です。現在所属している環境植物学研究室では論文を読むとともに、先輩・先生の調査に同行し、標茶町や苫前町などのフィールドワークに参加したことで、視野が広がりました。

私は、シカの下層採食が、土壌環境や養分を変化させ、高木の成長と繁殖に影響するのかどうかを研究しています。樹冠付近の枝葉を採取するために、木登りもしました。この冬には熱帯雨林の研究のために、マレーシアでフィールド調査をする予定です。

研究室のメンバーはみな植物好きで、何を話しても通じるので、とても恵まれた楽しい環境だと思います。動物好きも多いので、動物と植物、両方の楽しさが味わえるのも特色かもしれません。今は次々と環境に関わる新しい職業が生まれ、色々な分野で環境視点が取り入れられていると思います。自分では業種業態にとらわれずに働きたいと思っていますし、環境教育にも興味があります。卒業後は環境保全に関わる仕事がしたいと思っていますが、研究の継続も視野に入れています。

私の場合、入り口は「自然・環境」への興味でしたが、サークルで植物好きになり、もっと深く知りたい、学びたいと思うようになりました。本学なら、好きなこ
との焦点が絞られてくると思います。