牛の飼料研究から乳業メーカーへ

清野 一葉さん

農食環境学群 循環農学類 4年
家畜栄養学研究室

清野 一葉さん

私は家の近くに牧場がある環境で育ち、そのためか牛も牛乳も大好きです。進学先も「牛が近くにいる」本学を迷わず選びました。1年生で初めて搾乳を体験し、「カワイイ」から「生産動物として扱うことの難しさ」を実感。また牛乳の官能試験で、味の違いが飼料に由来することを知り、卒論で牛の飼料研究に取り組みました。

研究テーマは「飼料の大きさ」。干し草、サイレージ、トウモロコシなどをふるいに掛け大・中・小・極小にわけて、乳牛のエサとして与えたのち、一定の時間を置いてから食べ残した割合を調べたり、経過時間を変えて食べ残しがどう変化するかを調べました。エサの刻み方を変えると、食べ方にも変化が現れ、それが乳質にも影響します。同じエサでも与え方で、乳質が変わることが分かったのです。

就職先は乳業メーカーのタカナシ乳業に決まりました。面接で「有機牛乳はどこよりもおいしい」と自信を持って話せたことが、良かったのかもしれません。大好きな牛乳への情熱が、自然ににじみ出ていたと思いますので(笑)。仕事では営業職を希望しています。タカナシ乳業の牛乳の良さを、多くの人に伝えたいです。

農業や牛が好きな人にとって、ここでしかできない勉強、実習がたくさんあり、充実した学生生活が送れます。私は3・4年生の時は学内の牛舎で、搾乳や掃除などのアルバイトをしていました。サークルは中小家畜研究会で豚・羊・鶏・ヤギの世話や羊の繁殖、毛刈り、肉の販売もしました。農業にどっぷり浸かることができる4年間は、かけがえのない時間です。