学べる学群・学類学べる学群・学類

酪農学園の研究室大公開

家畜繁殖学研究室
堂地 修 教授

牛の人工授精、胚移植、体外受精
および繁殖管理に関する研究

胚移植、体外受精、人工授精などの専門技術の基礎を学ぶとともに、それらを現場で実践できる能力の修得を目指しています。当研究室では、家畜の胚移植および体外受精の技術向上、牛の人工授精および胚移植の受胎率向上、乳・肉牛の繁殖生理および繁殖管理について研究しています。

学びのキーワード

繁殖 人工授精 受精卵移植 体外受精 肉牛 乳牛
家畜栄養学研究室
中辻浩喜 教授

草食家畜の栄養生理学を基本に
土地利用型乳肉生産を実現する

牧草や飼料作物、農業副産物等を利用できる“草食系”の消化特性を最大限生かし、輸入穀類に極力依存せず国内の飼料資源を有効に利用した乳肉生産体系の確立を目指します。また、土地利用型畜産を実現するための究極のツールともいえる“放牧”について、そのメカニズムの科学的解明に取り組んでいます。

学びのキーワード

酪農 乳牛 栄養 飼料 草地 放牧
農畜産物市場論研究室
相原晴伴 教授

農畜産物・食料の流通の仕組み、
需給や価格の動向を研究

今日の市場経済では、大量生産性や効率性が至上命題とされ、日本では、工業製品の大量輸出と極端に低い食料自給率の並存という経済構造となっています。当研究室では、グローバルな視野から農畜産物市場の動向を考察・研究しています。

学びのキーワード

アグリビジネス ブランド開発 農業政策 農作物 農業経済学
ルミノロジー研究室
泉 賢一 教授

ウシの第一胃の秘密を探る

ウシは4つの胃を持っていますが、特に第一胃(ルーメン)には牧草を牛乳や肉につくり変えるための秘密が隠されています。そこで、ルーメンからみたウシの栄養生理学を第一の研究テーマとし、得られた基礎情報を応用して酪農生産ステーションをフィールドに適切な牛群管理技術を学びます。

学びのキーワード

酪農 乳牛 飼料 牛乳 家畜飼育 牛舎
農業政策学研究室
井上誠司 教授

農村にとって有効な農業政策について考察する

農村は多様であり、そこで営まれる農業は地域ごとに異なっています。したがって、国の農業政策だけではなく、地域独自の農業政策も重要なものとなります。こうしたスタンスから、当研究室では国だけでなく市町村が策定する農業政策や農協が策定する農業振興計画の重要性についても学ぶよう心がけています。

学びのキーワード

農業政策 農業経済学 農村 計画 地域資源 歴史
動物生殖工学研究室
今井 敬 教授

動物生殖工学を学び受胎性の高い
胚生産システムを開発する

牛の受精卵移植、体外受精および妊娠成立などの動物生殖工学について研究しています。最近では体外受精卵の初期発生を観察し、受胎性の高い受精卵を生産・選別する技術を確立しました。これら動物生殖工学を駆使し、受精卵を生産する実験室から移植・分娩や育成・肥育など牛を育てる牛舎まで幅広い活動を実施しています。

学びのキーワード

繁殖 受精卵移植 体外受精 生体卵子吸引 肉牛 乳牛
肉用家畜飼養学研究室
扇 勉 教授

肉牛、乳牛およびめん羊・山羊の
栄養管理とモニタリング技術

肉牛、乳牛およびめん羊・山羊の栄養管理モニタリング手法の確立家畜の生産性を高め、かつ病気を防ぐためのモニタリング手法を確立するため、採食・反芻行動の観察、血液成分の分析および超音波診断技術の開発を行っています。また、肉質評価にも取り組み、食肉の脂肪酸組成、遊離アミノ酸濃度および物理性などと、肉のおいしさとの関係を検討しています。

学びのキーワード

飼料 肉畜生産 肉牛 中小家畜 家畜飼育
草地・畜産学教育研究室
岡島 毅 教授

草地・畜産に関連する様々な対象間における
相互作用の解明と教育現場への適用

幅広いゼミ活動や卒論研究を通し、草地・畜産に関連する多種多様な対象間における多彩な相互作用に関わる要因を解明し、得られた研究成果を教育現場へ適用すべく奮闘しています。担当する教職志望の学生には、将来そのような多種多様な対象に興味と関心を持って生徒と向き合ってもらえるよう、希望します。
※教職コース専属の研究室です

学びのキーワード

教職 農業科教育 畜産 草地
天然物化学研究室
小澤修二 教授

植物の化学成分の構造を明らかにし、
その生理活性を調べる

植物には多種多様な化学成分が含まれています。その中で特に二次代謝成分であるポリフェノール化合物に着目し、それらの化学構造や生理活性を調べ、さらに健康に及ぼす効果などを検討しています。また、農業系副産物などの未利用有機物資源の有効利用を目的として、含有する機能性成分の評価を行っています。

学びのキーワード

天然物 生理活性物質 化学 植物
農業機械システム学研究室
小宮道士 教授

機械利用による安全かつ能率的、
合理的な農作業を考える

農業機械はそれらの効率的な利用方法を考えて、導入することが重要です。また生産現場で使用される電力や化石燃料などに変わる新エネルギーについても考えます。労力や生産費の低減、生産量の増大のため、効果的に機械や施設を利用する方法を学び、新しい農業生産システムの構築に向けた研究を行っています。

学びのキーワード

農業機械 IT 技術開発 酪農 エネルギー 農業工学
草地・飼料生産学研究室
三枝俊哉 教授

草地・飼料作物の効率的な生産による
持続的な土地利用技術の研究

牧草と飼料作物の生産は、土-草-牛の養分循環の起点です。環境保全に配慮しながら良質な粗飼料を安定的に確保するため、最小限の投入量で最適な生産量を維持する栽培・草地管理技術を研究します。目の前にある草地の問題点は何か?改善するにはどうしたらよいか?たくさん意見を出し合い、論議できる研究室をめざします。

学びのキーワード

草地 飼料 肥料 養分循環 持続可能な農業
食料経済分析学研究室
佐藤和夫 教授

多様化する「食と農」を分析する

食料と農業の問題を中心に、食品安全性に対する消費者評価の分析、農業・農村ツーリズムの分析、農産物のパッケージが与える印象の計量分析など、コンピュータと統計学を駆使した実証的研究を行っています。

学びのキーワード

社会調査 応用統計学 消費者の意識 食品安全性 食料自給率 環境
生物学研究室
佐藤元昭 教授

昆虫の細胞を用いた細胞分裂機構の研究

細胞分裂の仕組みを形態的な特徴から解明すべく取り組んでいます。主に昆虫の細胞を対象として、細胞分裂が盛んな配偶子形成や、受精から初期発生、さらに体を形成していく形態形成や分化にも目を向けています。いろいろな細胞の分裂を解析することで、細胞分裂の本質が少しずつ明らかになってきます。

学びのキーワード

細胞分裂 細胞培養 顕微鏡 プレパラート
土壌環境学研究室
澤本卓治 教授

土壌を中心とした物質動態と
その環境との関わりを研究

農地には、化学肥料やたい肥といった作物の養分を補給するための資材が施用されます。例えば、窒素(N)やカリウム(K)などが重要ですが、これらの元素からなる物質の土壌中での動きやバランス(収支)、さらに農地から環境中に排出される環境負荷物質(温室効果ガスなど)を調べています。

学びのキーワード

肥料 農学 化学 持続可能な農業
農場生態学研究室
園田高広 教授

野菜と病害の生理生態を踏まえた栽培法や
病害防除法の開発

野菜園芸学、育種学、植物病理学等の専門分野をベースにして、新たな栽培法や新品種による安定生産技術の開発、病害の発生に応じかつ、作物の持つ抵抗性を利用した耕種的病害防除法の開発に取り組んでいます。研究の実施に際しては、生産現場との連携を軸に展開できるよう現場ニーズを踏まえた取り組みを行っています。

学びのキーワード

持続可能な農業 野菜園芸 栽培技術 品種改良 植物病理
農業施設学研究室
髙橋圭二 教授

省力的、効率的な農業・酪農生産を
工学的視点で研究

省力的で効率的な農業生産のためには、農業機械や農業施設は必要不可欠なものです。乳牛の健康や衛生管理のための牛舎換気改善、乳牛行動をもとにした快適な牛舎構造、循環農法のベースを支え環境に配慮した家畜糞尿の処理・利用などの研究をはじめ、ハウス栽培、貯蔵施設などについても研究します。

学びのキーワード

農業工学 牛舎 酪農 肉牛 家畜の快適性 農業機械
畜産衛生学研究室
髙橋俊彦 教授

畜産現場における実践的衛生管理、
感染症対策の実施

口蹄疫や鳥インフルエンザの感染が世界的に問題となっています。畜産現場における衛生管理について家畜、農場、地域において調査・研究します。健康な乳牛の成育を目指して哺育・育成期間の細菌、ウイルス、消化管内線虫、原虫感染に対する環境衛生対策による効果について研究展開し、地域の畜産衛生を守ります。

学びのキーワード

酪農 乳牛 肉牛 農場衛生 家畜の病気 疾病予防
環境会計研究室
玉川真弓 教授

農業経営を支える会計リテラシーの醸成

農業の6次産業化が推奨される中、農家は、良質な素材の栽培・育成に力を注ぐ一方で、生産物等を流通にのせ、資金を回収し、次の栽培・育成に投資していく循環プロセスを自分自身で描いていくことが求められます。環境会計研究室では、このような経営に必要な基礎的会計知識の習得を行っています。

学びのキーワード

簿記 会計 環境 財務 経営 地域
理科教育研究室
玉利和弘 教授

高校・中学校の教師力の研究

「高等学校理科」及び「中学校理科」の教員になることを目指して、観察実験を中心とする理科の学習指導法の研究、生徒や地域の実態に応じた生徒指導・進路指導の在り方の研究、さらにHR担任の学級経営法の研究などを通して、教育目標を実現するための組織的かつ機能的な学校運営の戦略を研究します。
※教職コース専属の研究室です

学びのキーワード

教職理科 理科教員 教職(現行)
家畜改良学研究室
髙橋 茂 教授

優れた能力を長期にわたって発揮する
ホルスタイン牛を育種する

人類は食料確保のため野生動物を家畜化し、より生産性の高いものへと改良してきました。家畜育種学は、家畜の遺伝的な改良に必要な理論とその応用に関する学問です。当研究室では乳牛を主な研究対象とし、近年めざましく発展している育種理論の理解と実践を目的としています。

学びのキーワード

乳牛 家畜育種 肉牛
農業科教育研究室
西田丈夫 教授

農業を支える人材を広い視野で育む
実践的な農業教育の在り方を研究

農業を支える人材教育には、熱意ある指導者の存在が不可欠です。優れた実践と科学的理論の両立、そして何よりも、広い視野と情熱を持ち合わせた農業科教員を養成することが、農業の発展には重要です。そのために学校現場を理解しながら、多様化する教育環境に対応出来る教員の在り方を研究します。

学びのキーワード

農業・農村 教育手法 技術指導 社会情勢 家庭環境 人間関係
食料経済史研究室
發地喜久治 教授

世界の多様な食文化を理解し
多文化共存型社会の実現を考える

食料問題を経済と文化の視点から多面的に学びます。世界の多様な食文化を比較して、多文化共存型社会の実現について考えます。日本の食料経済の変化を分析し、これからの消費生活、健康と長寿をもたらすとされる「日本型食生活」、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の伝統についても考察します。

学びのキーワード

食料問題 食文化 多文化共存型社会 消費社会 日本型食生活 和食
数量経済学研究室
丸山 明 教授

食料消費の計量分析と
生乳生産の規模の経済性の分析

ミクロ経済学を基礎とし、様々な食料消費の特性を計量経済学、多変量解析あるいは色々な統計的手法を用いて数量的に明らかにすることに挑戦しています。また酪農生産の規模の経済性を同様に統計的手法を用いて分析しています。

学びのキーワード

農業経済学 社会調査 統計学 多変量解析 食料の消費 IT
家畜管理・行動学研究室
森田 茂 教授

「動物に配慮」した管理システムを
動物自身から構築する

動物が生活に使う道具や、生活する施設、動物の世話をする人間自身など、動物が生活する環境の多くは人間が提供しています。これを管理システムと呼びます。人間の身勝手な判断ではなく、「動物に聞く」という視点から、動物がみせる行動や動作を解析します。それにより、「動物に配慮」した管理システムの構築を目指します。

学びのキーワード

酪農 乳牛 牛舎 家畜福祉 動物行動 肉畜生産
人と動物の関係学研究室
山田弘司 教授

人と動物のよりよい関係を科学する

人が動物と接することで、心身によい効果があることが分かっています。アニマル・セラピーや乗馬療法は、心身の障害改善に役立っている例です。一方、そのときの動物の幸せやストレスについても理解してあげたいです。当研究室では、心理学、動物心理学、動物行動学を利用して、そのような改善評価や理解に取り組んでいます。

学びのキーワード

家畜行動 アニマルセラピー 乗馬療法 家畜福祉 動物園 動物心理
農村計画論研究室
吉野宣彦 教授

農村人口を減らさないために、
農業のコスト低下や、付加価値生産、
経営の多角化を考え、支える

地域の酪農経営を簡易に分析してコスト低下を支えるプログラムを開発して、農協での利用をサポートしています。学生とは、新しい作物の普及、新規就農を促進するための課題、有機農業の普及、農業振興計画の策定方法などについて、全国各地を調査・実習しています。

学びのキーワード

農業経済学 酪農 経営 農村社会 持続可能な農業 IT
作物学研究室
義平大樹 教授

人類生存に不可欠な穀物類の
良質多収栽培法の研究

世界人口の急増と地球環境の変化により穀物不足が深刻化しています。近代育種により改良された作物品種の能力を最大限に発揮させ、良質かつ多収を実現できる栽培技術の開発が常に求められています。人類の生存に不可欠な食用畑作物(ムギ類、マメ類)と飼料用穀物(トウモロコシ類)の多収栽培法について研究しています。

学びのキーワード

作物栽培 畑作物 栽培技術 農作物 肥料 飼料
資源植物学研究室
我妻尚広 教授

植物群落の保全や緑化を目的とした
植物の生態遺伝学的研究

一年の1/3は高山や湿原、圃場に植物を求めて旅をしています。1/3は実験室で核や葉緑体のDNA解析をしています。残り1/3は素敵な植物の生活について想像しています。現在は①サクラソウ属やキスゲ属などの個体群の保全に関する研究②緑化植物としてのキリンソウに関する研究③野生植物の種子発芽に関する研究を行っています。

学びのキーワード

植物 品種改良 植物遺伝 遺伝的多様性 植物生理 緑化
家畜遺伝学研究室
天野朋子 准教授

遺伝情報を活用し、より能力の高い
家畜を作出する

家畜の群れの中には、他の個体よりも乳量や肉質が良く、病気にかかりにくいなど、優れた形質を持つものが存在します。こうした形質の違いは、多くの場合、個体間のDNAの差異と関係しています。この研究室では家畜のDNAの解析を通じ、より優れた形質をもつ家畜の選抜や増殖を目指しています。

学びのキーワード

乳牛 肉牛 中小家畜 動物(馬など) 品種改良 バイオ
化学研究室
大和田秀一 准教授

化学で科学的思考を学ぶ

マニュアルには、無限にある事例のうちの数個の典型しか載っていません。真の実学を修めた人は、マニュアルに載っていないどんな事例に遭遇しようとも、それに応じた智恵を働かすことができます。化学は、その智恵を生み出す基本的素養です。当研究室では協同学習の理念に基づいた新しい化学教授法の開発等に取り組んでいます。

学びのキーワード

化学 新しい化学教授法の開発 物理化学 協同学習
環境微生物学研究室
岡本英竜 准教授

酪農環境における微生物による
発酵メカニズムを解析する

微生物と聞くと、病原体をイメージするかもしれません。しかし、農畜産業の安定生産に貢献している有用な微生物が存在し、我々の食料供給に役立っています。当研究室では、酪農生産や農畜産物食品あるいはそれらを取り巻く環境の微生物の生態と機能を探求しています。

学びのキーワード

悪臭低減 微生物群集 集積培養 培養不可能な微生物の検出
植物育種学研究室
岡本吉弘 准教授

葯培養法やQTL解析を利用した
水稲の遺伝・育種に関する研究

イネの葯培養効率を向上させるため、ドナー植物の栽培条件や培養環境などの最適な条件を再検討しています。また、水稲品種「キタアケ」が持つ再分化能力の高い遺伝子領域の解明に取り組んでいます。さらに、インディカ種や野生種が持つ有用形質を葯培養によりジャポニカ種に導入する際に生じる問題にも取り組みます。

学びのキーワード

バイオ 品種改良 植物組織培養 QTL解析 半数体 培養変異
国際経済学研究室
小糸健太郎 准教授

国際的な視野で
食料・農業・地域の問題を学ぶ

食料・農業・地域経済に関わる問題を考察するとき、諸外国の経済問題や経済政策を無視することはできません。当研究室では、様々な統計データと経済モデルを用いて、農産物の輸入自由化や他国の経済政策などの国際情勢とわが国の食料・農業・地域経済に関連する問題について経済学の視点から研究します。

学びのキーワード

農業経済学 貿易 生産性 食料自給率 社会調査 統計学
キリスト教応用倫理学研究室
小林昭博 准教授

現代世界の多様なテーマを
聖書やキリスト教思想を通して読み解く

応用倫理学は現代世界の多様な問題を現代世界に生きる人間の課題として思索する学問です。当研究室では、ジェンダー、セクシュアリティ、平和、自然との共生、終末期医療、脳死・臓器移植、いじめ、児童虐待、動物の権利といった現代世界の多様なテーマを聖書とキリスト教を中心とした西洋思想を通して読み解いていきます。

学びのキーワード

ジェンダー セクシュアリティ クィア 生命倫理 宗教 新約聖書
実践農学研究室
猫本健司 准教授

畜産環境や循環利用ならびに
就農・営農に関する現況や課題の整理

卒論研究としてゼミ生が取り組んでいる内容は、畜産環境や家畜管理に関すること(搾乳排水の処理や水質分析、糞尿の循環利用や化学分析など)、農場の評価や新規就農に関すること(地域や個別農場の複合的評価、酪農・畑作の新規参入の調査)など実践的なテーマです。学生個々がテーマを決めて取り組んでいます。

学びのキーワード

畜産環境 家畜管理 糞尿処理 排水処理 経営評価 新規就農
英語圏文化研究室
藤田佳也 准教授

「言語」「文化」「表現」を
読み解く方法について学ぶ

文学、絵画、音楽、写真、映画、コマーシャル、広告といった様々な表現に具体的にあたりながら、「文化」というものを読み解く方法について学びます。考察の対象に対して自ら問題を設定し、その問題について論理的に考え、何らかの答えを導き出す能力を身につけるのが目標です。

学びのキーワード

文学 英語 言語 文化 表現 美術
園芸学研究室
森 志郎 准教授

花きを中心とした新規園芸植物の作出と
高品質栽培技術の確立

花きは生活に豊かさや潤いを与える農作物のひとつです。研究室では植物組織培養などによって従来の品種改良では獲得できない新規性の高い園芸植物の作出を試みます。また、丹念な観察を通して生理生態学的情報を蓄積し、植物に合った環境条件を整えることで高品質な花きの栽培技術の確立を目指します。

学びのキーワード

園芸 花き 植物 品種改良 バイオ 栽培技術
中小家畜飼養学研究室
山田未知 准教授

豚の効率的な飼養管理技術を探求する

豚は多産で成長も早く、生後約6カ月で出荷となり、私たちにおいしい豚肉を提供してくれます。子豚を生産し、肥育豚として出荷するまでの過程において、管理者が行う作業意義を理解した上で、おいしい豚肉を生産してくれる「豚」の快適飼養環境に配慮した、更なる効率的な飼養技術の確立について研究を行います。

学びのキーワード

肉畜生産 中小家畜 家畜飼養 人工授精 飼育環境 エコフィード
農業経営学研究室
吉岡 徹 准教授

経営調査を通して、
農業経営が成り立つ条件や方法を考える

日本の農業経営は厳しい環境に置かれていますが、付加価値の高い農産物を作ったり加工品製造やレストラン経営にチャレンジしたりする優良な経営が数多く存在します。当研究室ではそんなレベルの高い農業経営への調査を通じて、日本の農業経営がどうすれば長期的に成り立つのかを考えます。

学びのキーワード

農業経済学 農業経営 持続可能な農業 農村社会 農業6次化
教育学研究室
安宅仁人 講師

子ども・若者の成長と発達の問題を
教育制度から考える

子どもや若者の成長と発達の問題を中心に据えながら、教育や子育ての現場を取り巻く様々な現象(いじめ、不登校、ひきこもり、就労問題など)に対応するためには、どのような制度が必要とされているのかを考えている研究室です。
※教職コース専属の研究室です

学びのキーワード

教職 子ども・若者 学び 成長 学校
協同組合学研究室
糸山健介 講師

新時代の酪農経営や
営農システムの研究

協同組合とは、そもそも助け合って、会員の発展に尽力する非営利組織です。具体的には、協同による交渉力でもって、高く売って収入向上、安く買って費用節減などを実現します。しかし、近年では民間業者が優れているとされる場合があり、その背景に迫りながら、協同組合の進む方向について研究します。

学びのキーワード

農業経済学 持続可能な農業 流通システム 農業政策 農村社会
植物病理学研究室
薦田優香 講師

植物と病原体との相互作用について学ぶ

植物も、人間と同じように様々な病気にかかります。農作物を病原体から守るためには、まず病原体の詳細を知ることが大切です。当研究室では、植物病原ウイルスを中心に、病原体の感染・増殖メカニズムや、病原体と植物との相互作用メカニズムの詳細解明を目指し、研究に取り組みます。

学びのキーワード

植物の病気 植物ウイルス 感染生理 病害抵抗性 遺伝子工学
栽培学研究室
亀岡 笑 助教

環境変動に適応可能な
作物デザイン・栽培技術を考える

作物は、環境条件の変化に適応しようと姿かたちを様々に変化させます。栽培学研究室では、環境条件の変化に対して作物が発揮する適応性を、特に「根」に注目して評価します。これらの評価を通じて、作物の収穫量や品質を高めるために必要な栽培方法を、異なる環境条件ごとに明らかにしたいと考えています。

学びのキーワード

持続可能な農業 栽培技術 作物栽培 農学 畑作物
健康スポーツ科学研究室
柴田啓介 助教

科学的根拠に基づいた
トレーニング方法の探究

体力が高いことは、日常生活においてもスポーツの場面においても重要なことです。体力は、トレーニングによって高めることが可能です。当研究室では、科学的根拠に基づいたトレーニングについて研究しています。みなさん、トレーニングについて座学および実践を通して一緒に学びましょう。

学びのキーワード

健康 運動 スポーツ 体力 トレーニング 教職
家畜生産改良学研究室
西寒水 将 助教

肉牛および乳牛の効率的な
牛群整備プログラムの設計

最近、肉牛および乳牛の農家1戸当たりの飼養頭数は増加しています。多頭数経営においては、牛の生産能力を均一化することが大切であり、そのためには計画的な牛群整備が必要。牛群整備プログラムの設計・実行、およびそのための能力評価値、ゲノミック評価値、受精卵移植技術等の繁殖技術の有効活用について検討します。

学びのキーワード

肉牛 乳牛 牛群整備 人工授精 受精卵移植 ゲノミック評価
食物利用学研究室
宮崎早花 助教

おいしい食べ物とは何か
さまざまな視点から考える

地域で生産される食材や未利用資源・新規食材などを活用し製品になるまでを目指して研究に取り組んでいます。食材の特性、生産地の文化や背景について造詣を深め、おいしく安全な料理を作るために必要な「調理の科学」を体系的に学んでいきます。料理コンテストや各種イベントにも参加します。

学びのキーワード

食品安全性 食品 農産加工 調理
トップへ戻る
無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。