学べる学群・学類学べる学群・学類

「獣医学類」臨床から先端研究までを視野に獣医師を育成「獣医学類」臨床から先端研究までを視野に獣医師を育成

研究室紹介研究室紹介
獣医学類イメージ

獣医師の仕事は幅広く、グローバルに活躍できるもの。病院はもちろん、人の健康を支える公衆衛生、動物を使った新薬の研究、家畜を守ることなど、学んでいくうちにこんな道があったのかと新しい可能性が見えてきます。本学類では実践的な学びを通して、多様なニーズに応えていきます。附属の動物病院は日本一の診療件数を誇り、実際の症例を学ぶ機会が格段に多く、さらに学外の研究者を呼んで最先端の研究に触れたり、製薬会社などの企業と連携して現場を体験するなど機会が豊富で、将来の方向性に応じて高度な実験や実習に取り組める体制も整えています。

学生メッセージ

自分は何をしたいのか、考えた答えは日本の農業の支えになること。

私が酪農学園大学に入学したのは、野生動物に興味を持っており、その医療研究ができると思ったからです。でも大学に入って学ぶうちに、産業動物の臨床に惹かれるようになりました。牛は肉になったり、乳製品を生み出したり、人の暮らしに身近で、ひいては国の産業に影響を及ぼすものです。人や国の役に立つ産業動物の臨床獣医師は、仕事としてやりがいを感じられると思います。今は牛舎の環境から牛の健康を維持する研究をしています。また、先日はNOSAIオホーツクの家畜診療所で実習をさせていただきました。獣医師の方に同行して医療現場に立ち会うことは刺激になりました。臨床にあたっては所見で仮説を立ててから現場で牛を診て判断することになっています。大学でトレーニングしていたのですが、実際には仮説を立てるのに考えが及ばないことがあり、まだまだ力不足を感じました。もっと色々な経験を積みたいです。酪農学園大学の魅力は、農場や附属動物医療センター、野生動物医学センターなど様々な施設があり、健康な動物と疾患のある動物の両方を見る機会が多く、野生動物も見られることです。また、中田先生をはじめ高度な専門性をもつ先生方が揃っており、様々な研究ができます。大学では興味を持ったことに積極的に取り組み、自分が何をしたいのか見極めることが大切だと思います。将来は酪農家の方々に信頼される獣医師になり、日本の農業の支えになりたいです。

2016年取材

動物を助けることで人の暮らしを守る獣医になりたい。

私は宮崎県で公務員として獣医師をしている父に憧れ、獣医を目指しました。宮崎県は畜産が盛んな地域ですが、これまで口蹄疫や鳥インフルエンザが流行し、大打撃を受けたことがあります。その時に、周囲から父が頼られている話を聞きました。私も獣医になり、生産動物を助けることを通じて人の暮らしを守れるようになりたいと思います。酪農学園大学を選んだのは、やはり牛や馬などの生産動物を学ぶ環境がどこよりも充実しているからです。附属動物医療センターで診療の現場に立ち会うことも多いです。今は北海道の牛のウイルス性下痢症の研究をしていて、朝、病院に来ると牛の世話を行い、それから送られてきた牛の血液の検体を夕方まで検査するという毎日です。また、大学校内にある乳牛の牛舎で皮膚病の牛の世話もしています。インターンシップでは、地元宮崎の畜産試験場とNOSAIで働かせていただきました。現場でしか分からないことを数多く体験できましたので、将来に活かしたいと思います。同じ獣医を志す友人たちとは、よく将来の話をします。卒業後は実家に帰るなどみんなバラバラになりますが、全国にネットワークができると思うとこの大学で良かったと思います。

2015年取材

牛や馬など大動物と触れ合うことで世界が広がりました。

小学生の時、飼っていた犬が病気になり、獣医師さんがすばやく処置して直してくれたことに感動。私も獣医師になろうと憧れを抱きました。酪農学園大学に入学し、放牧されている牛にびっくり。講義でも牛をはじめ大動物と触れ合う機会が多く、伴侶動物の臨床しか知らなかった私は学んでいくうちに考えが変わりました。現在は生産動物内科学ユニットに所属し、牛の病気の広がりを防ぐための検査などをしています。将来的にも防疫の仕事に興味があります。附属動物病院で農家の往診に行ったり、牛や馬の診療に立ち会ったり、日々現場にいられることにやりがいを感じています。

2014年取材

日々たくさんの動物たちと彼らの気持ちになって接しています!

高校時代に、あるセミナーで青年海外協力隊の方の体験談を聞き、自分の技術が人の役に立つなんてすごいと思ったことが獣医を目指すきっかけになりました。獣医について学ぶ過程で動物ばかりではなく土や農業、環境などについて多くのことを修得できます。身に付けた知識や技術をいつか海外で活かしたいと思っています。酪農学園大学の魅力は日々現場で実践できるところです。例えば近隣の農家を先生が毎日往診するので、学生はローテーションを組んで一緒に行きます。4年次に初めて牛の手術を準備から術後まで手掛けたことは忘れません。牛や馬をはじめ、こんなに多くの動物に触れられるのは本当に恵まれていると思います。

2013年取材

研究室紹介

研究室一覧を見る研究室一覧を見る

取得可能な資格

[受験資格]

必要要件をみたせば卒業と同時に
取得可能な資格です。

  • 獣医師国家試験

[任用資格]

特定の職業に任用されるための資格。資格を取得後、その職務について初めて効力を発揮する資格です。

  • 食品衛生管理者
  • 飼料製造管理者
  • と畜検査員
  • 環境衛生監視員
  • 食品衛生監視員
  • 狂犬病予防員
  • 薬事監視員
目指す将来 ●伴侶動物臨床獣医師 ●地方公務員 ●生産動物臨床獣医師 ●製薬会社 
●国家公務員 ●研究所 など
ピックアップカリキュラム
学ぶ好奇心を刺激する授業の一部を紹介します。
詳しく見る詳しく見る
カリキュラム一覧
2017年度のカリキュラムです。
詳しく見る詳しく見る
無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。