学べる学群・学類学べる学群・学類

食と健康学類イメージ

私たちが毎日、口にする食品は、様々な要因によって多様に変化するものです。本学類では食品全般を理解するため、特に土から育てた作物が人の体の中で変化するまで、一連の流れを体験しながら学ぶことができます。1年次には畑で種をまいて育てた野菜の収穫祭を行い、2年・3年次には様々な食材の加工や成分分析などの実習・実験、4年次には専門分野の研究をしますが、企業や外部の研究者と共同で行うこともあります。食の分野は今、安全性やアレルギーの問題、食料自給率の低下、高齢者向けの食品開発の必要性など様々な課題を持ち、学ぶ意義も活躍する場もますます広がりをみせています。

学生メッセージ

2人の兄も酪農学園大学出身。食肉および食肉製品に関する知識を深めたい。 

私の実家は酪農を営んでいます。兄が2人いるのですがどちらも酪農学園大学出身で、長兄が実家を継ぎ、次兄はJAで働いています。そんな兄たちの影響を受け、私もこの大学に入りました。肉を食べることが好きだったので食と健康学類を選び、今は舩津先生の肉製品製造学研究室で学んでいます。舩津先生は気さくで近づきやすく、こちらから話せば必ず応えてくれます。ゼミでは最初に「世界の三大ハム」についてのレポートが課題に出されました。スペインのハモンセラーノ、イタリアのプロシュット・ディ・パルマおよび中国の金華ハムが三大ハムで、熟成度を調べるために馬の骨で作った棒や竹串を使うなどそれぞれ独自の評価方法があり、勉強になりました。食肉および食肉製品の製造方法を身に付けるだけではなく知識も蓄えて、卒業後に役立てたいと思っています。将来の夢はやはり食肉および食肉製品の製造に関わる職業に就くことです。そのため現時点では肉の科学についてしっかり学ぼうと空いた時間を使って大学内にある図書館に通っています。いつも静かで、集中して勉強できるので好きな場所のひとつです。キャンパスライフの楽しみは部活です。サッカー部に所属していて、放課後はグラウンドで汗を流しています。酪農学園大学は自然に囲まれていて、実習設備が整っており、とても良い環境です。進学を考えている皆さんには入学案内を読むだけではなく、ぜひ実際に大学を見に来てほしいと思います。

2016年取材

小さい時から大好きだった乳製品を自分で作りたい。

私は、小さい時からヨーグルトやチーズなどの乳製品が好きで、将来は自分で作りたいと思い続けてきました。乳製品作りを学べる大学を探したところ、オープンキャンパスで乳製品製造のための本格的な施設を目の当たりにし、実習・実験が多いと聞いて酪農学園大学に入学を決めました。2年次の夏休みにチーズセミナーに参加し、初めてチーズを作った時はとてもうれしかったです。研究室では乳製品に関する実験、スターター調整や成分分析、微生物検査について学んでいます。また、酪農学園大学ではオリジナルのチーズやバター、アイスクリームを作って販売しているのですが、その製造補佐もしています。自分が携わって商品が生み出されていくことは達成感があります。卒業後は乳製品の製造現場に就職し、自分が作った乳製品を多くの人に食べてもらいたいと思います。
勉強はもちろんですが大学生活を楽しむことも大切と思い、入学してから室内楽団のサークルでヴィオラを始めました。演奏会に向けて日々練習するなど、勉強との両立は忙しいですが充実しています。学類でもサークルでも様々な人との出会いがありました。道外出身者が多いので文化の違いがわかることも楽しく、この大学ならではの魅力だと思います。

2015年取材

食べることも作ることも好きという想いを活かしたい。

料理が好きで得意なメニューはペペロンチーノ。食品を学びたいと志し、北海道への憧れもあって海を越えて来ました。特に食べ物が体の中でどのように機能するのか、栄養や健康との関わりについて興味があります。3年次の夏休みには食肉販売メーカーのインターンシップに参加。営業の方と得意先回りに同行し、仕事は人との関係が大切と実感しました。大学で学んだ知識が、会社や得意先の人とのコミュニケーションに役立った時はうれしかったです。何事も経験が大事というのは大学生活で身に付いたこと。様々なことにチャレンジをして将来につなげていきたいです。

2014年取材

食べ物に興味があれば色々な知識や技術が身に付きますよ!

私の実家は農家です。兄が継いでいるのですが、将来はいっしょに農家の新しい形を作っていきたいと思っています。例えば家族が育てた作物でオリジナル製品をつくったり、私がシェフになってファームレストランを開いたり。もともと食べることが好きで料理も好きなので、食についてしっかり学び、夢を実現したいです。大学の授業は乳製品の加工など実習や実験が多く、経験すればするほど身に付いていくように感じています。いつも食べる話で盛り上がる友人たちは大切な存在。ずっと食と関わりながら、たくさんの人に食べる楽しみと大切さを伝えていければと思います。

2013年取材

コース紹介

食品機能科学コース

食品のもつ栄養、嗜好性、生体調節性など様々な機能性に着目。既存食品や未・低利用食資源中の有効成分の分析、食品関連微生物の有効利用などの先進的な知識と技能を学ぶ。

食品開発学コース

食品の成分特性、製造原理、市場調査および企画開発など幅広い知識を習得。消費者・市場ニーズに合った食品の開発や製造までを実践的に学ぶ。

食品流通学コース

安全な食品を生産・消費するため、両者をつなぐ流通ビジネスの重要性に着目。21世紀の食品流通に求められる知識と技能を総合的に学ぶ。

管理栄養士コース

土から作物そして食という建学の精神を基本とした教育により、生活習慣病の予防と治療の最前線に立つ管理栄養士を育成する。
※管理栄養士コースは1年次よりコースに所属。

教職コース

農業科の免許取得を前提としたカリキュラムと一貫した教員養成プログラムにより、高度な実践的教育力を発揮できる人材を養成し、教員採用試験の現役合格を目指す。

詳しく見る(PDF)詳しく見る(PDF)

研究室紹介

研究室一覧を見る研究室一覧を見る

取得可能な資格

[取得可能資格]

必要要件をみたせば卒業と同時に
取得可能な資格です。

  • 中学校教諭1種(理科・社会)※ 
  • 高等学校教諭1種(理科・農業・公民)※
    ※教職コースに所属しなくても教員
     免許の取得は可能です。
    ※管理栄養士コースを除く。
  • 食品衛生責任者
  • 栄養士
    ※管理栄養士コース

[受験資格]

必要要件をみたせば受験する資格が得られます。 

  • 管理栄養士国家試験
    ※管理栄養士コース
  • フードスペシャリスト
  • 専門フードスペシャリスト(食品開発)
  • 専門フードスペシャリスト(食品流通・サービス)

[任用資格]

特定の職業に任用されるための資格。資格を取得後、その職務について初めて効力を発揮する資格です。

  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員

[学類でサポートする資格]

  • 簿記検定2級・3級
  • 販売士2級・3級
目指す将来 ●食品メーカー ●管理栄養士 ●教員・公務員 ●食品関連商社 
●農業協同組合 ●食品卸・小売会社 ●運輸会社 ●病院 など
ピックアップカリキュラム
学ぶ好奇心を刺激する授業の一部を紹介します。
詳しく見る詳しく見る
カリキュラム一覧
2017年度のカリキュラムです。
詳しく見る詳しく見る
無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。