キャンパスライフキャンパスライフ

答えはこちら
答え

C 葉

解説

タマネギはユリ科ネギ属に属する多年生の草本植物ですが、園芸学的には一・二年草として扱われます。
非常に短い茎 (短縮茎) から伸びる葉がいく重にも重なり、その肥大した部分 (鱗茎) が野菜として利用される可食部です。
ニンニクやラッキョウも同じ部分を食しています。タマネギは夏季に乾燥する中央アジアで進化した植物で、一般に、長日 (一日の中で昼の時間が長いこと) と高温・乾燥によって鱗茎が肥大し、その直後に休眠します。
北海道の生産量は全国の約半分を占め、夏から秋に収穫されたタマネギが翌春まで断続的に全国へ出荷されます。札幌は古くからのタマネギ産地ですね。

園芸学研究室

答えはこちら
答え

B ハチミツ用の養蜂

解説

総務省が作成している日本標準産業分類で、養蜂は畜産農業に分類されます。
統計データを読み取るには、その統計で用いられている産業の分類、内容を知ることが重要です。
社会のさまざまな問題を解決するためには、まず、現状を正確に把握することが要求されます。
そのために、現場を実際に見たり、聞き取り調査をしたりすることが重要ですが、政府・地方自治体の統計データを読み取ることも大切です。
農業経済学の分野では、こうした方法によって、食料生産と地域産業、市場と流通の現場を学び、分析し、農業・地域社会の発展を支えます。

国際経済学研究室

答えはこちら
答え

C 3本の木が連結されていて行き来できる

解説

チンパンジーにとっては行き来できることが重要です。てっぺんにいるとき、1本では下から攻撃されると逃げ場がなくなります。
動物園に行ったら、確認してみてください。

人と動物の関係学研究室

答えはこちら
答え

C 餌をあげる前に、鈴を鳴らす

解説

餌と同時に合図をすると、犬は餌に注意を集中し、合図を無視してしまいます。犬を飼っている人は、試してみましょう。

人と動物の関係学研究室

答えはこちら
答え

B 商品とならない小麦製品

解説

酪農学園大学がある江別市は小麦の産地であり、市内に大きな製粉工場があります。
そこで商品にならなくなった小麦粉や小麦製品をいただいて、それを飼料原料として使用しています。
その他、市内の豆腐工場から商品とならない豆腐も提供を受け、飼料原料としています。
酪農学園は地元密着型の養豚を進めています。

中小家畜飼養学研究室

答えはこちら
答え

C 100倍

解説

豚の生時体重は約1.2kgですが、6ヶ月後には約120kgとなります。
豚は多産であり、年に2回以上分娩し、1回の分娩で10頭以上の子豚を分娩します。
畜肉を生産するにあたって、豚はいかに効率がよい動物か分かると思います。

中小家畜飼養学研究室

答えはこちら
答え

C 交雑種

解説

一般的に豚肉生産には各品種の特徴を活かした交雑種が用いられています。
本学では長さがあるランドレース種と、太さがある大ヨークシャー種に肉質を改善するデュロック種をかけ合わせた三元交雑種を生産し、肥育して肉豚を出荷しています。
※詳しくは、肥育豚がWLD=肉豚(三元交雑種のこと)、母豚がWLとランドレースの交雑種、種雄豚がデュロックとなります。

中小家畜飼養学研究室

答えはこちら
答え

C

解説

有機JASマークは、有機栽培と認証された農産物に表示できるものです。
太陽と雲と植物をイメージしたマークです。ちなみに、このイラストは本学のうしのはかせが書いたものです。
うしのはかせについては研究室の詳細ページでチェックしてくださいね。

農村計画論研究室

無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。無料送迎バスで、アクセスも楽々!−札幌駅・新札幌より無料送迎バスを運行します!詳細はお問い合わせください。